会社設立と行政書士…

  • 行政書士と会社設立の手続き

 

行政書士と会社設立の手続き

個人企業から法人化して会社設立を考えている、または新規で会社を立ち上げて事業を起こそうとしている、そんなあなた。会社の設立にはどのような手順があるのかご存知ですか?ひとくちに会社を設立するといっても、何を準備して何から始めればよいのかわからないという方がほとんどなのではないでしょうか。会社を設立するためには、さまざまなものを準備し、手続きを行なう必要があります。その大まかな流れを確認しておきましょう。

まずは会社の名前である商号を考える必要があります。いくつか候補を考えたら、その商号をチェックしなければなりません。近隣で同じ商号、同じ事業内容の会社があった場合に招くことになりかねない混乱を避けるためです。次に会社を設立するにあたり、法務局に提出する書類である定款に記載するための会社の設立目的を考えます。

会社は定款に定めた目的以外のことをする事ができないので、設立目的は慎重に考える必要があります。そして定款を作成し、社長を含む役員全員の実印および会社の実印を用意します。その後、公証人役場で会社定款の認証を受け、法務局に会社設立の登記申請を行ないます。書類の不備や記入漏れがなければ、この登記申請を行なった日が会社の設立記念日となります。

このように、会社の設立までには、準備しなければならないものがいろいろとあるほか、申請などの煩雑な手続きもあります。会社として成り立つ最初の大切な手続き、できればミスなく万全の体制を整えて臨みたいもの。そんなときに相談に乗ってくれるのが行政書士です。

行政書士は頼れる身近な法律家。会社法に基づいて、会社設立の一連の手続きに関する相談に応じてくれます。もちろん代行もしてもらえるので、会社の設立を考えている方は、まず行政書士に相談されてはいかがでしょうか。








LINK

相続について簡単なことではないと思うことです。しっかりとこの問題についてよく話しておけば意外にスムーズに解決したりします。よくいわれる相続での苦労はどのような家族でも困る問題です。うまく解決するには遺言書が肝要です。
遺言書について|遺言ネット
http://www.yuigon.net

相続争いの問題はによりうまくいくことも多いと考えることが大切なことです。相続で争いにしないようにするには相続について気楽に考えないことです。地主さんにとって心配な相続対策としての遺産相続についての問題は昔から資産承継で誰しも悩む問題です。遺産分割することについて対策をしておけば相続争いが意外に起こらなかったりします。
遺産相続|相続ネット
http://www.souzoku123.net/