会社設立と行政書士…

  • 行政書士と会社設立のコスト

 

行政書士と会社設立のコスト

会社を設立しようと考えるときに気になることのひとつに、会社設立の手続きにかかるコストがあるという方、多くいらっしゃるのではないでしょうか。たとえば、会社の定款を公証人役場で認証してもらうだけでも、定款認証手数料が5万円、収入印紙が4万円かかります。それ以外にも社長を含む役員全員の実印と、会社の実印や銀行員などが必要となりますし、印鑑証明やさまざまな公的書類の取り寄せなどにも、見えないお金がいろいろとかかってくることになります。

しかし、いちばん大きくかかるのは、手間と時間というコスト。とにかく会社を設立するというときというのは、いろいろな準備に時間を費やすものです。いくら時間があっても足りないというような状況になることも考えられます。しかしながら、さまざまな準備と申請という一連の作業や手続きは、会社設立のために必要不可欠なもの。しかも間違いのないように、神経を使って行なわなければなりません。忙しいときには、こうした時間のかかる準備と手続きをミスなくこなすことは、ほんとうに大変なことです。

そんな大変さを軽減してくれるのが行政書士。行政書士は、役所に提出するさまざまな種類の書類を作成するプロ。最近では会社設立の手続きに業務内容を特化した行政書士も多く、会社設立業務を代行するプロとして活躍する行政書士が増えています。

プロに会社設立の業務を代行してもらえば、書類の不備やミスといったリスクを回避できるだけでなく、手間と時間というコストもしっかりとカットしてくれます。それになんといっても法律に詳しい専門家だから、任せて安心なうえに、設立後の会社の経営に関するアドバイスなども受けられるかもしれません。

会社設立のコストに悩む方は、一度行政書士に相談なされることをおすすめします。








LINK

住宅ローンのことを考えてみましょう。心配になるのは住宅ローンと付き合うことです。充分に悩んで相談すれば住宅ローン問題も悩んでいるよりも簡単かもしれません。不動産取得での不動産業者との位置づけという問題もあり簡単なことでは決してありません。住宅ローン頑張りましょう。
マイホーム取得|住宅ローン選びネット
http://www.jutaku-loan.org/

相続問題でつらくなるのはリタイアメント時の問題で、その問題はどのような相続でも悩ましいことです。スムーズに解決できるのかは相続の節税と資金についてあまり四角四面に決めつけないことです。相続税節税での事柄は生命保険の利用活用がかなり有効です。専門家との相談を交え問題についても考えておきましょう。
相続税を払うには|相続税延納物納ネット
http://www.forgotten.jp