会社設立と行政書士…

  • 行政書士 会社設立と助成金

 

行政書士 会社設立と助成金

あなたは「助成金」という言葉を聞いたことはありますか?助成金とは、企業が国の雇用政策にあった行為を行った場合に、国から企業に支給されるお金のこと。助成金は、事業主が負担する雇用保険料の一部を主な財源として支給されるもので、融資とは異なり返済の必要はありません。

実はこの助成金、会社を設立する際に受給することができるものがあるのです。会社の設立に関して受給される助成金には、会社を設立して従業員を新たに雇うという場合に受けられる新規雇用賃金支援の助成金と、会社設立等に要した経費の一部を支給してくれる助成金の、大きく分けて二つのタイプがあります。どちらの助成金も、補助金などとは違って、受給要件を満たせば受けることができるものです。

このように、会社設立時に大きな財政的支援を受けられる助成金ですが、その存在そのものを知らない方や、複雑な受給要件と手続きの大変さであきらめてしまったりする方が多いようです。でもせっかく返済しなくていいお金なのだから、どうせなら受けたいですよね。そう思ったら、ぜひお近くの行政書士に相談してみてください。

行政書士は、役所に提出するさまざまな種類の書類を作成するプロ。会社の設立に関する法律や助成金の仕組みにも詳しいから、会社設立に関する一連の手続きについて、しっかりと相談に応じてくれます。もちろん適用可能な助成金の調査や申請もサポートしてくれるから、安心して任せられますよ。

会社設立時に助成金の受給をお考えの方には、行政書士に相談されることをおすすめします。








LINK

保険をしっかり比較するのはみんな苦労します。ちゃんとした自動車保険を納得して見つけ出すのはつらい作業でしょう。真剣に考えましょう。保険商品のの比較は大切なことです。ゆっくり考え比較してそれが保険選びのキモです。様々な自動車保険や火災保険比較ができます。
火災保険をつきつめるについて|火災保険DEEP
http://www.hoken-jungle.net/