会社設立と行政書士…

  • 会社設立の手続きを行政書士に頼むメリット 

 

会社設立の手続きを行政書士に頼むメリット 

大きくなった個人企業を会社にしたい。新規で会社を立ち上げたい。でも・・・。そうお考えの方、一番のネックになっているものは何でしょうか。さまざまな準備や手続きにかかる手間、コストなど、理由はいろいろあるかとは思います。しかし、こうしたネックとなる問題を一掃できる方法があるとしたら、どうされますか?

その方法とは、会社設立に関するさまざまな諸手続きを、行政書士に代行してもらうことです。行政書士は身近な街の法律家。役所に提出するさまざまな種類の書類を作成するプロとして、会社の設立に関する法律や助成金などに精通し、設立後の経営に関する相談にも乗ってくれる頼れる存在です。

では、会社の設立の諸手続きを行政書士に代行してもらうメリットは、どういったところにあるのでしょうか。まず一つ目は、専門家に依頼することで準備にかかる時間や、書類の不備などのミスといったコストをしっかりとカットできるということ。そして二つ目は、助成金の活用や、手続きの代行による事務負担の軽減などで会社設立時にかかる費用を低く抑えられるということ。行政書士に会社設立の諸手続きを代行してもらうことで、手間やコストといった問題を解決できるのです。

でも・・・と悩む前に、とにかく会社設立のプロである行政書士に相談してみましょう。あなたが思うよりも簡単に、そしてコストや時間をかけずに、会社が設立できるかもしれません。悩む前に、ぜひ行政書士に相談してみてください。








LINK

意思の判断能力のポイントについては相続税の問題も重くなり必ず生じるポイントです。公正証書遺言や自筆証書遺言などできっちり解決できるかは遺産分割協議や相続手続きについて安易に取り組まないことです。成年後見はについても提案をしてもらい検討しましょう。
高齢者の相続対策|後見制度ネット
http://www.kouken.org/