会社設立と行政書士…

  • 行政書士 会社設立と新会社法

 

行政書士 会社設立と新会社法

あなたは平成17年に新会社法が施行されたことをご存知ですか?それまでの会社法とは内容が変わり、より現代の社会にマッチしたものとなりました。たとえば、組織としての会社の観点からみると、旧商法によって株式会社は取締役3名、監査役1名を必ず設置しなければならないといった規定がありましたが、今回の新会社法により、非公開会社は取締役1人という選択もできるようになりました。また、その他の部分についても一定の制限により、旧法の有限会社に近い組織を選択できるようになったのです。さらにこの新会社法によって、最低資本金規制が撤廃されたので、これから株式会社を設立しようとしている人にとっては、旧法に比べると会社を設立しやすくなったと言えるのです。

このように、出資者の制限がなく、資本金1円からでも会社が設立できるようになったわけですが、だからといって簡単な手続きですぐに会社がつくれるかというと、そういうことはありません。株式会社の設立のためには、会社設立の基本設定と書類作成、公証人役場での約款認証、法務局への届け出など、法律や税務の難しい知識を必要とする手続きが必要となります。もちろん素人でもすべてを一人でおこなうこともできますが、実際問題、書類の不備やミスはもちろんのこと、知っておけばトクだったというような詳しい法的知識の欠落のために、時間や資金のロスが発生してしまいかねません。

こんなときに、新会社法に明るく、会社設立に関する豊富な経験と知識を持っている行政書士に相談すれば、時間や資金のロスを最小限に抑えながら、なおかつ「こうしておけばよかった」という後悔のない会社設立のための的確なアドバイスを得ることができるのです。もちろん会社設立後の法人設立届や税務の初期設定なども、提携の税理士を通して円滑に行うことも可能です。

最近では相談だけなら無料で対応してくれるという行政書士も多く存在しています。会社の設立を検討し始めるのであれば、まずは行政書士に相談するとよいかもしれません。








LINK

なにか事故が起こったときに家族がどう対応するのかよく考えれば保険選びについての様々な問題も思ったより簡単に決まるかもしれません。老後を安心するための保険などの生命保険、生命保険やガン保険、学資保険火災保険そして子供のために積み立てる保険と多くの種類目的があります。保険の評判の情報で万が一の心配をなくしておくことは大切なことです。
生命保険jungleのページ→保険の評判迷い方