会社設立と行政書士…

  • 行政書士は会社設立手続きのプロ

 

行政書士は会社設立手続きのプロ

新会社法の施行によって株式会社を設立しやすくなったことにより、最近は会社を設立する人が増えています。しかし、設立しやすくなったからといっても、やはりその手続きは複雑で難解なもの。特に会社を設立しようというときは、設立の中心となるメンバーはみんな忙しく、時間的にも資金的にもなかなか余裕がないというのが実情ではないでしょうか。そんな中で、法の知識もないままに会社設立の手続きを、ミスも資金のロスもなく行うのは至難の業。もしこの一連の手続きを代行してくれるプロがいたら、あなたは任せたいとは思いませんか?

会社設立のプロ?とお思いの方、行政書士の存在をご存知でしょうか。行政書士は官公署に提出するさまざまな書類の作成やその代理、相談業務のプロ。もちろん会社設立に関する法律にも詳しいから、相談者の希望に沿うかたちでの会社設立に尽力してくれます。

プロに一連の手続きを代行してもらうことにより、複雑な法的知識を勉強する必要がなくなるのはもちろんのこと、効率よく、なおかつコストをしっかりと抑えた会社の設立が可能となります。もちろん素人が個人で行うよりも、設立までにかかる時間も短縮できますし、社長は設立後の事業展開の準備に専念することができます。

もちろん会社設立の代行を依頼した行政書士には報酬を支払わなければなりませんが、その報酬と、個人で煩雑で難解な会社設立を行う手間とコストを考えれば、十分代行を依頼するだけの価値はあると言えるのではないでしょうか。

会社設立時にコストをしっかり抑えたいとお考えの方には、行政書士に会社設立手続きを代行してもらうことをお勧めします。








LINK

苦労しないといけないのは債務整理の進め方をしっかり決められるかということです。今がんばることで長い人生にメリットが出るのか考えることで悩ましい問題です。改めて今後の生活をよく考えれば任売後の人生展開を考えるという問題も意外に簡単だったりします。
債務整理|破産救済ネット
http://www.83931.jp/