会社設立と行政書士…

  • 行政書士に依頼する事で会社設立の費用が安くなる場合も

 

行政書士に依頼する事で会社設立の費用が安くなる場合も

会社を設立しようと考えていろいろと調べてみたけど、いまいちよくわからないし、どこに頼めばいいのかわからないという方はいらっしゃいませんか?インターネットなどを活用して調べてみると、行政書士に依頼する人が多いということがお分かりになるかと思います。会社の設立を行政書士に依頼するのと、ご自分で設立するのとどう違うのか、どういうメリットがあるのかについて、詳しくご紹介しましょう。

行政書士は官公署に提出するさまざまな書類の作成やその代理、相談業務のプロ。会社設立に関する法律である会社法にも明るく、素人では把握しきれない起業のコツや手続き方法を熟知しているから、会社設立に関する一連の作業をすべて安心して任せることができます。もちろん会社設立の専門家だから、面倒で大変な書類の作成もミスなくしっかりと行ってくれます。さらに専門家が代行してくれるから、法律の知識がない素人があれこれ悩みながら手続きを進めるよりも断然スピーディ。このように、行政書士に会社設立に関する一連の事務手続きを代行してもらうことで、あなたは安心してそのほかの準備に没頭することができます。そして急いでいる場合でも大丈夫なのです。

さらに驚きなのは、行政書士に依頼したほうが、ご自分で設立手続きを行うよりも安く上がる場合があるということ。会社設立にかかる費用は、手数料がそれぞれの行政書士事務所によって違うため一概にいくらとは言えませんが、行政書士に代行してもらった場合、紙の定款ではなく電子定款を利用してもらえます。紙の定款を使うと、公証人役場での定款認証時に収入印紙代として4万円が必要となりますが、電子定款の場合は必要ありません。行政書士事務所に支払う手数料が収入印紙代よりも安い事務所に依頼した場合、あなたが会社設立の手続きをおこなうよりも、プロである行政書士に依頼したほうが安く上がる場合があるのです。もちろん収入印紙代よりも手数料のほうが高かったとしても、数十万かかるというわけではないので、代行してもらう手間に見合うだけの金額だけで済みます。

このように自分で会社設立の手続きを行うよりも、早く、ラクに、そして場合によっては安くなることがある行政書士への依頼。会社設立を考える方には、まず行政書士にご相談になることをお勧めします。








LINK

社会人として当たり前の生活をしていく上で考えていかないといけないことは結構いろいろあります。その一つに保険やガン保険医療保険に入っておくことがあります。かなり面倒なことです。保険比較をすることを考えないといけません。保険に入ろうとすることをきっちりと相応の考えを決めて臨むことです。ファイナンシャルプランナーなどに細かい相談に応じてもらうのも重要な注意点です。
節税と納税|相続税ネット
http://www.sozokuzei.net/