会社設立と行政書士…

  • 行政書士 会社設立と法人化のメリット

 

行政書士 会社設立と法人化のメリット

平成17年に会社法が改正され、出資者の制限がなく、資本金1円からでも会社が設立できるようになったことをご存知ですか?株式の非公開会社は取締役1人という選択もできるようになり、以前よりも会社が設立しやすい状況になったことで、個人事業を法人化したり、独立して会社を興す動きが活発化しています。しかし、このように個人事業を法人化したりすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

個人事業を法人化させるメリットは、大きく3つあると言われています。1つ目は信用度の拡大です。会社によっては法人としか取引しないという制限を設けているところがあったりします。法人化しなければ取引の対象にもならないのであれば、法人化するしかなくなりますね。2つ目は信用の獲得です。法人化することで自社の信頼性を高め、事業の拡大を図ることが可能になる場合があります。3つ目は節税できる可能性があるということ。個人の事業所得から法人の給与所得にすることによって、節税が可能となるばあいがあります。会社を設立して法人化することには、このようなメリットがあるのです。

しかし会社法の改正といくつかのメリットだけを契機として、すぐに会社を設立できるわけではありません。会社の設立には、法務局に提出する定款を作る必要があったり、会社名である商号を考えたりと、やらなければならないことがたくさんありますし、いつ法人化すべきかというタイミングなど、考えなければならないこともあります。

すべてを円滑に、そして満足いく形で進めるためには、やはりプロへの相談は必要不可欠です。行政書士は会社設立に必要な一連の事務手続きをあなたに代わって行ってくれる、会社設立のプロ。豊富な法知識と経験で、あなたの希望に沿った会社を作るお手伝いをしてくれます。いろいろと悩む前に、プロである行政書士に相談してみましょう。








LINK

簡単に決め込むことのないようにして保険についての検討を見てみましょう。年収その他条件なのかによって入るべき保険に差が生じてきます。保険税というものは甘く考えないことが大切なポイントです。ゆっくり考え比較して最終的に保険を選びましょう。それが保険選びのポイントです。
相続対策|相続税対策不動産節税ネット
http://www.muginoho.jp/